糖尿病の症状

糖尿病の症状ですが、無症状のことも多いですが、
高血糖によるのどのかわき・多飲・多尿の他、インシュリンの
働きが低下した結果細胞がエネルギー不足となり、
体のだるさ・体重減少といった症状がみられます。


しかし、ある意味これらの症状というのは我慢してしまう
人も多いようです。しかし、糖尿病の本当に怖いところは、
我慢、放置しておくことによって生じる合併症であると
言うことができます。


糖尿病の三大合併症と言われているのが、網膜症、
腎症、神経障害です。


網膜症とは、糖尿病による網膜の血管障害により、
網膜の血流機能が低下することに起因する網膜の
障害のことで、最悪失明することもあるという非常に
怖い合併症です。


腎症とは、腎臓糸球体の血管障害が原因で起きる障害
です。腎症は症状が進行すれば腎不全に至り、
人工血液透析が必要となってしまいます。
人工血液透析とは体内で汚れた血液を一度対外に出し、
きれいな状態にして再度体内に戻してあげるという
方法です。

新しく血液透析が必要となる患者の約3割が糖尿病から
くるものです。


神経障害とは、糖尿病の合併症の中で、最も早く
かつ頻度も多く出現するものです。血糖値が上がることで、
体内に張り巡らされた末梢神経の働きが低下します。

左右対称性にしびれ感、痛み、知覚低下が出現します。
そして自律神経障害として、便秘、下痢、胃無力症、
立ちくらみ、膀胱の収縮力低下などの症状がでます。

放置していると症状は悪化しますが、血糖値を
コントロールすることによって、症状の改善が
可能だと言われています。


糖尿病の主な原因は肥満にあると言われています。
これが生活習慣病と言われるゆえんです。

生活習慣病は、日頃の努力や意識の改善で治せる病気
でもあります。自分自身の体、健康のことですから
おっくうがらずに、適度な運動等を心がけて、快適な
生活をおくれるようにしましょう。


参考になったらポチ



人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ
posted by tonyosyoku at 22:59 | 糖尿病の症状
◆糖尿病お役立ち情報リンク◆

糖尿病とは

糖尿病の症状

糖尿病の食事

糖尿病とは

糖尿病の症状

糖尿病の食事療法

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。