糖尿病とは

糖尿病は生活習慣病の一つです。

糖尿病とは、血糖値が高くなる病気のことを言います。
血糖値というのは、血液中のブドウ糖の量のことです。

糖尿病になると、本来であればエネルギーを必要としている
細胞に運ばれるブドウ糖が、血液の中にあふれるようになり、
結果として血糖値が上昇します。


糖尿病という病気は、インシュリンと呼ばれる血糖を下げる
ホルモンが足りなくなった場合や、うまく作用しなくなる
ことによって生じる病気なのです。


糖尿病にはいくつかタイプが存在します。
膵臓のβ細胞というインシュリンを作り出す細胞が
破壊されてしまい、体の中のインシュリンの量が絶対的に
足りなくなって起きるタイプを1型糖尿病と呼びます。

これは多くの場合、子供の頃に始まるため、小児糖尿病とも
呼ばれていました。


日本の糖尿病のほとんど、率にして95%以上を占めるのが、
2型糖尿病と呼ばれるタイプのものです。

このタイプは食事や運動などの生活習慣に起因している
場合が多いケースです。インスリンの分泌量が
少なくなって起こるものと、肝臓や筋肉などの細胞が
インシュリンの働きが悪いために、インシュリンの作用を
あまり感じなくなり、ブドウ糖がうまく取り入れられなく
なって起こってしまいます。

その他のケースとしては、遺伝子異常や副作用としての
糖尿病、妊娠糖尿病というものがあります。

参考になったらポチ



人気ブログランキング【ブログの殿堂】 にほんブログ村 病気ブログ 生活習慣病(成人病)へ
posted by tonyosyoku at 22:38 | 糖尿病とは
◆糖尿病お役立ち情報リンク◆

糖尿病とは

糖尿病の症状

糖尿病の食事

糖尿病とは

糖尿病の症状

糖尿病の食事療法

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。