糖尿病の食事

糖尿病の食事療法というと特別な食事があるのかと
思ってしまいますが、そうではありません。

過食や偏食をせずに規則正しい生活を送るというのが
まずは第一歩となります。また、栄養のバランスを
崩さないことも重要です。

自分の好きな物だけ食べるとか、嫌いなものは食べない
といったわがままを言わずに、一日三食適量を適正な
タイミングで摂取することが重要になってきます。

しかしながら、合併症がある場合はその限りでは
ありません。この場合は医師の指示に従うのがいいでしょう。


糖尿病になったということはこれまでの食事を
見直すことから始めるのがいいでしょう。
まずは高カロリーのものは避けましょう。

これまでの食事のタイミングも見直したほうが良い
でしょう。朝食を取らなかったり、夕食を十分にとらずに
飲酒をするなど、不規則な食生活が続いていませんでしたか?

一日二食にすると一回の食事で摂取するカロリーが
多くなり、結果として血糖値の急激な上昇に繋がります。
一日三回、時間を決めて食事をとりましょう。

アルコールは基本的に飲まないほうがいいようです。
アルコールそれ自体が高カロリーであることもそうですが、
やはりお酒を飲むと食欲も出てきます。また、お酒に
合う食べ物は味付けが濃いものなど高カロリーであることが
多いですので注意が必要になってきます。

どうしても飲みたいという場合についてはお医者様に
相談した方がいいでしょう。


最初はかなりおっくうかもしれませんが、自分の食生活を
ノートに記録してみるというのも一つの方法です。

これによって、自分が普段どのような食事をしているかが
後から一目瞭然になります。だいたいでいいので、
カロリーなども調べてみると、次回からの食事の際には
参考になるでしょう。


posted by tonyosyoku at 23:27 | 糖尿病の食事療法

糖尿病の症状

糖尿病の症状ですが、無症状のことも多いですが、
高血糖によるのどのかわき・多飲・多尿の他、インシュリンの
働きが低下した結果細胞がエネルギー不足となり、
体のだるさ・体重減少といった症状がみられます。


しかし、ある意味これらの症状というのは我慢してしまう
人も多いようです。しかし、糖尿病の本当に怖いところは、
我慢、放置しておくことによって生じる合併症であると
言うことができます。


糖尿病の三大合併症と言われているのが、網膜症、
腎症、神経障害です。


網膜症とは、糖尿病による網膜の血管障害により、
網膜の血流機能が低下することに起因する網膜の
障害のことで、最悪失明することもあるという非常に
怖い合併症です。


腎症とは、腎臓糸球体の血管障害が原因で起きる障害
です。腎症は症状が進行すれば腎不全に至り、
人工血液透析が必要となってしまいます。
人工血液透析とは体内で汚れた血液を一度対外に出し、
きれいな状態にして再度体内に戻してあげるという
方法です。

新しく血液透析が必要となる患者の約3割が糖尿病から
くるものです。


神経障害とは、糖尿病の合併症の中で、最も早く
かつ頻度も多く出現するものです。血糖値が上がることで、
体内に張り巡らされた末梢神経の働きが低下します。

左右対称性にしびれ感、痛み、知覚低下が出現します。
そして自律神経障害として、便秘、下痢、胃無力症、
立ちくらみ、膀胱の収縮力低下などの症状がでます。

放置していると症状は悪化しますが、血糖値を
コントロールすることによって、症状の改善が
可能だと言われています。


糖尿病の主な原因は肥満にあると言われています。
これが生活習慣病と言われるゆえんです。

生活習慣病は、日頃の努力や意識の改善で治せる病気
でもあります。自分自身の体、健康のことですから
おっくうがらずに、適度な運動等を心がけて、快適な
生活をおくれるようにしましょう。

posted by tonyosyoku at 22:59 | 糖尿病の症状

糖尿病とは

糖尿病は生活習慣病の一つです。

糖尿病とは、血糖値が高くなる病気のことを言います。
血糖値というのは、血液中のブドウ糖の量のことです。

糖尿病になると、本来であればエネルギーを必要としている
細胞に運ばれるブドウ糖が、血液の中にあふれるようになり、
結果として血糖値が上昇します。


糖尿病という病気は、インシュリンと呼ばれる血糖を下げる
ホルモンが足りなくなった場合や、うまく作用しなくなる
ことによって生じる病気なのです。


糖尿病にはいくつかタイプが存在します。
膵臓のβ細胞というインシュリンを作り出す細胞が
破壊されてしまい、体の中のインシュリンの量が絶対的に
足りなくなって起きるタイプを1型糖尿病と呼びます。

これは多くの場合、子供の頃に始まるため、小児糖尿病とも
呼ばれていました。


日本の糖尿病のほとんど、率にして95%以上を占めるのが、
2型糖尿病と呼ばれるタイプのものです。

このタイプは食事や運動などの生活習慣に起因している
場合が多いケースです。インスリンの分泌量が
少なくなって起こるものと、肝臓や筋肉などの細胞が
インシュリンの働きが悪いために、インシュリンの作用を
あまり感じなくなり、ブドウ糖がうまく取り入れられなく
なって起こってしまいます。

その他のケースとしては、遺伝子異常や副作用としての
糖尿病、妊娠糖尿病というものがあります。
posted by tonyosyoku at 22:38 | 糖尿病とは

美食をあきらめないで。―糖尿病新レシピ |河合 勝幸

美食をあきらめないで。―糖尿病新レシピ美食をあきらめないで。―糖尿病新レシピ
河合 勝幸
集英社 刊
発売日 2003-10
発送可能時期:通常24時間以内に発送


続きを読む
posted by tonyosyoku at 09:00 | 糖尿病とは

糖質制限食 春のレシピ |江部 康二 /?野 邦子

糖質制限食 春のレシピ糖質制限食 春のレシピ
江部 康二 /?野 邦子
東洋経済新報社 刊
発売日 2007-02-09
発送可能時期:通常24時間以内に発送


続きを読む
posted by tonyosyoku at 09:00 | 糖尿病とは

血糖値がみるみる下がる100のコツ |

血糖値がみるみる下がる100のコツ血糖値がみるみる下がる100のコツ

主婦の友社 刊
発売日 2004-06
発送可能時期:通常24時間以内に発送


続きを読む
posted by tonyosyoku at 09:00 | 糖尿病とは

糖尿病性腎症の食品交換表 |日本糖尿病学会

糖尿病性腎症の食品交換表糖尿病性腎症の食品交換表
日本糖尿病学会
文光堂 刊
発売日 2003-03
発送可能時期:通常24時間以内に発送


続きを読む
posted by tonyosyoku at 09:00 | 糖尿病とは

糖尿病は薬なしで治せる |渡辺 昌

糖尿病は薬なしで治せる糖尿病は薬なしで治せる
渡辺 昌
角川書店 刊
発売日 2004-09
発送可能時期:通常24時間以内に発送


続きを読む
posted by tonyosyoku at 09:00 | 糖尿病とは

糖尿病食事療法のための食品交換表 活用編 |

糖尿病食事療法のための食品交換表 活用編

文光堂 刊
発売日 2007-06
発送可能時期:通常24時間以内に発送


続きを読む
posted by tonyosyoku at 09:00 | 糖尿病とは

体の中からきれいになる ミクニごはん |三國清三

体の中からきれいになる ミクニごはん体の中からきれいになる ミクニごはん
三國清三
朝日出版社 刊
発売日 2007-05-31
発送可能時期:通常24時間以内に発送


続きを読む
posted by tonyosyoku at 09:00 | 糖尿病とは
◆糖尿病お役立ち情報リンク◆

糖尿病とは

糖尿病の症状

糖尿病の食事

糖尿病とは

糖尿病の症状

糖尿病の食事療法

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。